2010年04月23日

安倍政権より支持急落=時事世論調査(時事通信)

 鳩山内閣の支持率が2009年9月の発足からわずか7カ月で23.7%と、「危険水域」とされる20%台に落ち込んだ。夏の参院選を控える鳩山由紀夫首相の政権運営に、「赤信号」が点滅し始めた格好だ。07年の前回参院選で自民党が大敗を喫した際の安倍内閣よりも下落のペースは激しく、政権へのダメージは深刻だ。
 鳩山内閣発足直後の09年10月の調査で60.6%だった支持率はほぼ一本調子で下がり続け、10年1月の47.1%からはさらに23ポイント余り下落した。安倍内閣発足直後の06年10月に51.3%あった支持率は、07年1月に40.7%に下落し、同4月は40.6%と横ばい。参院選直前の同7月に25.7%に下落した。鳩山内閣の急落ぶりはそれ以上だ。
 不支持の理由をみると、「期待が持てない」「リーダーシップがない」が上位を占め、有権者が民主党政権に失望し、首相の指導力欠如に不満を募らせていることは明らか。特に、選挙の行方を左右する無党派層の支持率は2割を切り、今や政権末期の様相だ。 

【関連ニュース】
内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持
民主の体制刷新申し入れ=岐阜県連
民主執行部は体制刷新を=事実上の小沢氏辞任要求
JR不採用問題が決着=4党解決策受け入れ
鳩山内閣「4年間続く」=渡部氏一転、首相を激励

JR沿線で火事 41本運休 四條畷片町線(産経新聞)
<サマランチ前会長>商業主義功罪相半ば 「国変わる」持論(毎日新聞)
短期間の補充捜査、手探りの立証に 明石歩道橋事故 (産経新聞)
<民主党>参院選「与党過半数割れ」危機感(毎日新聞)
鳩山政権打倒を確認=麻生、平沼氏ら(時事通信)
posted by テラオカ ミツル at 14:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。